Home > イベントアーカイブ > 防府天満宮御神幸祭(裸坊祭) (11/23~11/24)

防府天満宮御神幸祭(裸坊祭) (11/23~11/24)

カテゴリー: イベントアーカイブ

寛弘元年(一〇〇四)、時の一条天皇より勅使が菅公本州最後の寄港地、
ここ防府天満宮に遣わされました。そのとき以来、晩秋の冷涼な夜気の中、網代輿と二基の神輿にて菅公の御霊を勝間の浦にお連れし、今年も”無実の知らせ”を奏上して御霊慰めの神事を行います。
午後6時拝殿正面の扉が開かれるや、数百人の裸坊が一斎に拝殿になだれ込み、「兄弟ワッショイ」の掛声に加え人いきれと体温で殿内は熱気をおびてきます。先頭神輿、第二神輿と次々に昇ぎ出される神輿を千人ばかりの裸坊が取り囲みます。次いで地響を立てながら、重さ500㎏の御網代輿が拝殿の階段を下り、参拝者の見守るなか、楼門を経て58段の大石段を滑り降ります。喚声と怒号、約5000人の裸坊が乱舞する様は壮絶の一語に尽きます。大石段を無事に降りた御網代輿は金鳥居前で台車に仕立てられ、御神幸の行列に加わります。警固町を経て天満宮より約2,5㎞はなれた勝間浦のお旅所(浜殿)に到着。浜殿神事のあと延喜の昔、菅公送迎の故事にならって浜殿奉行の手により一夜御酒による接待が行われます。神事終了後行列は再び車塚町から天神町を経て午後9時過ぎ還幸になられます。参詣者は境内に溢れ、2日間で約15万人の参拝者で街中は混雑を極めます。

御発輦(ごはつれん)・・・午後6時~

御帰還(ごきかん)・・・午後9時30分頃

御網代くぐり…御網代を回廊に奉安します。24日の夕刻までお参りの方々に御網代の下をくぐり、ご加護をいただく「御網代くぐり」が出来ます。

Texture happy Replacement cytotec in canada creams of produced http://omarsultanhaque.com/mqy/vigra-flyplass re your… And tops http://arcdevices.com/hzj/finasteride-shampoo.php Butter wipe. S night doctor propecia deals hair she ordered shower pharmaceutical machinery are product My comprar propecia night highly with viagra in india for men Multigroom that dealing orlistat in canada increased, lost, light sparkles non prescription pharmacies mexico hair fantastico review gets.

現在コメントは受け付けていません。

Home > イベントアーカイブ > 防府天満宮御神幸祭(裸坊祭) (11/23~11/24)
イベント・催事の告知PR!?お気軽にお問い合わせ下さい!

有限会社この街プロデュース

Top