Home > 取材レポート > 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

3月4日(日)「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」が行われました。1時間半前に現地に着きましたが、既に歩道は人で溢れ返っていました。日中の車両輸送されることは珍しいため、家族連れや年配の方など鉄道ファン以外にもたくさんの方が見に来られていました。

14時過ぎ、交通整理にあたっていた警察官から『予定通りに出発しました。』と案内があり、いよいよ雰囲気は盛り上がってきます。今か今かと、ただひたすら待ちます。そして、最前列の人がざわつき始めると、歓声とともについに先導車が現れました。続いて下松市役所、ついに本日の主役“英国新幹線”の登場です。先に連結部分が見えると、埠頭へのカーブを曲がっていくうちに先端の顔が現れそのまま埠頭へ。色は、落ち着いたダークグリーンで顔の部分は山吹色の品のある色合いです。

その後、近くの商業施設やスーバーに行きましたが、どこも多くの人で溢れていました。経済効果もありそうですね。自分の目で、直に見ることができました。またこのようなイベントが行われると、参加したいと思いました。

既に満車

既に満車

沿道には多くの人が、一目見ようと詰めかけています

沿道には多くの人が、一目見ようと詰めかけています

まだかなぁ~

まだかなぁ~

先導車①

先導車①

下松市役所

下松市役所

先導車②

先導車②

来た!!

来た!!

埠頭へのカーブを曲がって行きます

埠頭へのカーブを曲がって行きます

 

 


【 取材メモ 】

タイトル:
道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト
取材日:
2017/03/05

現在コメントは受け付けていません。

Home > 取材レポート > 道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト
イベント・催事の告知PR!?お気軽にお問い合わせ下さい!

有限会社この街プロデュース

Top